背中のニキビが恥ずかしい…

ご存じないかもしれないですが、顔の他で、意外にもニキビができやすいところは背中なんです。
背中は自分で見えないので、背中にできたニキビには、見つけられない場合が多いです。
しかし、背中のニキビでもケアをきちんとしないと痕になってしまいますので、注意してください。

どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥ということがあります。
肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と疑問に感じている人も多いかもしれません。
当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は乾燥した肌になり、それがニキビができる元凶となってしまいます。

アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を2人以上で共有したり、直接肌が触れてそのままにして洗わなかったりすると、他の人のニキビがうつる恐れがあります。
また、自分のニキビを触った後で、顔を触ってしまうと、ニキビがその場所に増えてしまうことがあります。
女性に独特なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスの崩れが影響しています。

女性ホルモンのバランスは、ストレスを感じるとすぐに乱れてしまうと公言されています。
さらに、生理前はとりわけ女性モルモンが大きくバランスを崩します。
生理前のニキビ発生に悩まされる女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れこそが原因なのです。

実は肌荒れと吹き出物が関係していることも事実です。
ニキビはホルモンバランスの低下が主な原因なので、思春期にできるのが簡単です。
とは言っても、思春期をすぎても出現することがあり、大人ニキビとか吹き出物と銘うたれています。

大人ニキビの原因の一つが肌トラブルですから、スキンケアやライフスタイルには注意が必要です。
つやつやお肌を保ちつつ、汚れをとることが、ニキビケアの必須条件。
ことに大人ニキビの場合は、主な原因が乾燥することだとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎないことが重要になります。

牛乳石鹸ならそれができます。
ミルクバターをまぜあわせた牛乳石鹸なら、乾燥知らずの肌のままに汚れを落とせるので、有効なニキビケアなのです。
このごろ、重曹でニキビのお手入れができるとよく耳にします。

弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、毛穴の汚れや角質を取り除くことができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。
研磨作用が働く重曹での洗顔は肌を傷める恐れもあるため、試す場合は、注意が必要でしょう。
ニキビは男女にかかわらず、一筋縄でいかないものです。

少しでもニキビを防ごうと対策をとっている人は少なくないと思います。
ニキビのお手入れ法として有効なものの一つに水洗顔という方法があります。
ニキビをみつけると、洗顔を何度もしてしまったり、強力な洗浄力のある洗顔料で洗顔したくなってしまいますが、これらはダメなのです。

ニキビは思春期に起きる症状で、赤ちゃんには発生しません。
よく発生するのは、オムツかぶれなどで知られるかぶれと言えます。
赤ん坊の肌は、すごくデリケートで、即座にかぶれてしまいます。

ニキビとかぶれは同一ではありません。
赤ちゃんの素肌に何か異常がおきてしまったら、できるだけ早く医師の診察を受けてもらってください。
ニキビがおでこの目立つ場所にできると、何としてでも前髪などで隠すことばかり考えてしまいます。
ですが、それはニキビの悪化を招くことにもなるので、できる限り前髪で隠す行為はせずに毛髪が直接ニキビに接触することのないように刺激を与えずにいることが肝心です。

天使のベビーコラーゲン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です